古川が天を仰いで「何で負けるんだ…」と声を絞り出した。